はじめてのお客さまへ

 

「興味はあるけど敷居が高くてお店に行けない」

「きものは高いものばかりで手が届かない」

 

あなたはきものに対してどんなイメージをお持ちですか?

 

 

はじめまして。千花 -chihana-の木下恭平です。

 

chihanaはこれまで、30代から60代のお客様を中心に、

10代の若いお客様からもご注文をいただいてまいりました。

 

chihanaは新潟県三条市にある小さな会社ですが、

全国のお客さま一人ひとりのご要望に丁寧にお応えできる自信があります。

 

それは元々『職人』である私自身の経験と知識を生かしたご提案ができるのと、

そのchihanaを支えてくれる、技術の高い熟練の職人さんたちがいるおかげです。

 

 

 

chihanaは、売り手としてだけでなく、『作り手』の視点からもご提案ができます。

 

そしてその職人さんたちの技術をお客さまに繋げ、より良いものを知っていただきたいと思っています。

 

あなたにぴったりのきものに出会えることを。

 


千花 -chihana-とは


千花 -chihana-は、きもの職人である木下恭平が代表を務めるきものブランドです。

 

『ものづくり』の視点で、他にはない商品、サービスをご提供いたします。

 

木下恭平 / きもの模様師

 

東京都新宿区高田馬場の伝統工芸士に師事。友禅、墨流しなど、染めの基本を学び独立。

株式会社千花を設立。

 

百貨店との取引は伊勢丹、三越、高島屋、阪急など。企業ではUNITED ARROWSとも取引。

和装商品をベースに幅広く展開している。

 

現在は、職人としての経験や視点を活かし、お客さまの理想に寄り添ったスタイルを提案。

一般的な呉服屋さんでは出来ないサービスを提供している。

 

無店舗の形を取りながらも、全国のお客さまから注文を受け好評を得ている。

自身で染めている「墨流し浴衣」の販売数は、ひと夏で100着以上の数にのぼる。

 


作品実績


 

『サントリー金麦2015夏広告』(檀れいさん 墨流し浴衣)

 

『エビスビール2016夏広告』(滝川クリステルさん 墨流し浴衣)

 

『JT CM 日本のひととき 水引篇』 (リヴ・オドリスコールさん 墨流し夏きもの)

 

『UNITED ARROWSオリジナル腰ひも』

 

他がある。

 


きものを誂えたい方が、
千花 -chihana- を選ばれる理由


 

千花 -chihana-は、きものを扱うお店でありながら、一般の呉服屋さんのような店舗を構えておりません。

 

 

chihanaを運営しているわたし自身が、職人としての『ものづくり』作業を行っているためです。

 

ですが、店舗を持たないからこそ、全国どこからでもご注文を頂くことが出来、

各産地とのネットワークを用い、お客さまの理想に近いスタイルをご提案することが出来ます。

 

また、不要なコストを掛けず価格を抑えることで、お客さまのご負担を軽減することにも務めています。

 

そして『ものづくり』の立場を生かした商品作りでお客さまに喜んでいただけるものをご提供したいと思っています。

 

そのためにchihanaが大切にしているのは、お客さまと何度もやり取りをし、より理想に近いお着物をご提案することです。

 

こころの底から本当に納得されるまで、何度でもご相談ください。

 

あなただけの理想のきものスタイルに出会えることを願っております。

 

 


 

もしchihanaのきものにご興味を持たれた際はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせいただく際はお問合わせフォームか、お電話でも大丈夫です。

 

TEL: 0256-47-3100

(受付時間 10:00~19:00)

 

また、必要に応じて、出張もさせていただきます。