BLOG

センスある着物。

2012. 01. 27

Category : 日記

今日、お客さんが寸法直しのためお持ちになった羽織とコート。

羽織は無地の縮緬で、表地と裏地に同じ生地を使った無双仕立(むそうじたて)。
表裏を2色で染め分けてあったり、表衿に裏地の色が少し出てくるような工夫があったりと、
とてもセンスを感じるようなものでした。

聞くと、90を超える女性からいただいたもので、
その方が生地から色から全て注文した誂え物という話でした。

しかも4、50年前のものらしく、コートの柄も木目文に大柄の鏡裏文がビロード素材で織り出されており、今見ても欲しくなるような、とてもおしゃれなものでした。

昔の着物はお洒落なものが多く、感心することがよくあるのですが、その時代はあまりルールに縛られることなく、純粋に着物を楽しんで誂えも自由な発想でしていたからなのだと思います。

現代の着物ももっと楽しく着られると良いですね。
この時代の映画は、当時のリアルな着こなし方が見られます。
僕の好きな着物美人。大女優、高峰秀子さん。

高峰秀子「放浪記」予告篇